そして平等に債権者に分配されてしまいます。

そして平等に債権者に分配されてしまいます。

裁判所によって自己破産が認められると、ほとんど全ての財産が処分されます。
そして平等に債権者に分配されてしまいます。
自己破産をしてしまうと、しばらくの間新たな借り入れはできません。各種信用情報機関が運営する信用情報データベースに載ってしまうからです。
こうなるとクルマや住宅のローンなども当然組めなくなってしまいます。

それではケータイの支払いはどうなってしまうのでしょうか。
結論から言うと、自己破産時のケータイ使用料の支払い状態によって、ケータイが使えるかどうかが決まるといわれています。
たとえば自己破産時にケータイ使用料を滞納していて、ケータイ料金を債務整理の対象にした場合だと、当然自己破産後は使用できなくなります。
さらに使用中のケータイが利用できなくなるだけではなく、ローン契約と同じように新規契約の審査に通るのも難しくなってしまいます。
なぜならケータイ料金を滞納した情報は、契約したキャリアだけではなく、その他全てのキャリアにも情報が流れているからです。ローンの情報と同じですね。
そうした情報は全キャリアで共有されていることは意外と知られていませんが、それが現実なのです。
こうなると当然のごとく審査に通るのは難しいでしょう。

ただ自己破産前に料金を滞納していなかった人は、自己破産後もケータイを使い続けることが出来る場合が多いと言われています。
滞納情報が存在しないから問題ない場合がほとんどなのです。また新規契約を出来る可能性さえあるのです。ケータイの使用料の滞納情報とローンの滞納情報は共有されていませんのでその点は心配ありません。ただ端末(特にスマートフォンなど)を事実上割賦で支払っている場合は、月額料金に上乗せされているように見えて、実は正真正銘のローン契約であり、信用情報機関との情報共有がされていますので、ここで引っかかる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>